鉄道がある風景 タイトル

 Thank you for visiting. Started from Oct.18, 1997.  


懐かしの鐵道風景

アイテム:101路線/施設



こだわりの鐵道風景

専用線、貨物専業、
遊戯鉄道、保存施設等

アイテム:77路線/施設



海の向こうの鐵道風景

アイテム:13カ国



日々の備忘録
(トップページ)


過去→ 123456



  備忘録:過去1 2016.4-6
2016.6.19 UP

 東武200形普悠瑪(プユマ)ライク塗装 Location at 東京都, 日本(2016)
 

京急との台鐵コラボが終わったと思ったら今度は東武。EMU500ライクな塗装だった京急に対抗してなのか、大胆にも「りょうもう号」200形をTEMU2000プユマライクな塗装へ大変身。

特に側面は筆記体風のTRA(台湾鉄道管理局の英語頭文字)を真似て「Ryomo」とつづりを入れ、横の赤帯真ん中には台鐵紋章風の東武のマークを入れた本格的なデザイン。こりゃかなり目立ちます。

普段のりょうもう号は左の写真の通り、ちょっと古臭いカラーリングなんですが、上下見比べれば一目瞭然、配置やデザインを少し変えるだけでこんなにも雰囲気が変わってしまうんです。

写真の場所は夏場朝イチ向け、都内お気楽撮影ポイントの西新井のカーブ。この土曜日はプユマ風200がいきなり朝イチ運用で入るとあって早起きして行ってきました。

梅雨入りしたのにこのところなぜか週末はいつも好天の東京、そりゃ水不足になりますね。
ちなみに本物のTEMU2000は左の通りで顔つきがまったく違います。ただ側面は(わかりにくいですが)雰囲気がよく似ていますよ。

なので、台鐵に見慣れた台湾人はいい出来栄えに結構喜ぶかも。伊勢崎方面のお客さんが増えるといいですね。いっそのことタロコカラーも作っちゃえば面白かったんですけどね~。

(写真は北廻線の南澳~武塔のお気に入りポイント)
同じように配色をガラリと変えて雰囲気が変わったのが亀戸線リバイバルカラー車8000形。写真は亀戸線じゃなく大師線に入った8000形車両で、先々週末もこの土曜日もなぜか大師線に入ってました。

写真の場所は西新井駅北にある跨線橋東たもとの住宅展示場脇から。大師線って撮れるところがここと大師前駅ホームくらいと撮影には少々苦労します。

しかし、こんなオレンジ地色に黄色の帯の派手なデザインが昭和30年代に標準色だったとは、当時はかなり目立った存在だったんでしょうね。そういや、オレンジといえば伊予鉄のオレンジプロジェクトはどうなったんだろう?チン電までオレンジ化してるのですがオレンジだらけの路面電車もなかなかグロそう。
2016.6.13 UP

 湘南モノレール500形 Location at 神奈川県, 日本(2016)
 

1988年に初の冷房車として登場した湘南モノレール500形。今月26日をもって引退ということで現在ありがとうサボを掲載して運行しています。

最後の551編成は通常ダイヤに交じって日中はずっと運行します。日中7.5分ヘッド運転で5編成入ってますから見つけて30分も経てば戻ってきます。

(写真は片瀬山駅に上ってくる551編成)
懸垂式は千葉ができる前は上野公園とここだけだったんじゃないでしょうか、下が宙ぶらりんで、しかもここは急勾配とカーブが連続し、乗っていると左右に揺さぶられる感覚がなかなかイケてます。

撮影ポイントは実は晴天時だと難しいんです。。。懸垂レールが正面のドカーんと影を落とすから。早朝・夕方、または逆光気味、うす曇り時が意外と撮りやすかったりします。大船駅周辺やレール下が道路になる湘南町屋~西鎌倉あたりが撮影しやすいです。

(写真は湘南深沢~西鎌倉の小さなサミット越え)
2016.6.8 UP

 三井芦別鉄道 炭山川橋梁 Location at 北海道芦別市, 日本(2016)
 

JR根室本線芦別駅から分岐し国道452号線沿いを登って頼城まで走っていた三井芦別鉄道。廃止されてかれこれ28年経ったこの5月、当時の機関車と貨車が静態保存されているという炭山川鉄橋に行ってきました。写真だけ見たらまだ走ってるような感じでちょっと感動。

ここは廃止直前の1989.3.10に初訪問、ロケーションのよさに夏場に来てたらなあって思った記憶があります。しかし四半世紀が過ぎてもこのような保存状態がいいってのがすごい。各地にあるやる気ない静態保存は見習ってほしいなあ。

2016.6.7 UP

 四日市あすなろう鉄道日永駅 Location at 三重県四日市市, 日本(2016)
 

近鉄内部線・八王子線から公有民営化にて誕生した四日市あすなろう鉄道。これまでの260系車両をすべてリニューアルするということで第一弾として出てきたのがこの写真のモ261-サ181-ク161。モ261とク161はリニューアルでサ181は新造車。冷房化もされ内装も一新。ほとんど新車同然の外観となりました。方向幕はなぜか鉄道名で丸サボつけて行き先表示してるんですが、これからのリニューアル車も追随するのかな?

今後塗装は今の青色部分がグリーンに、境界線はグリーン帯が入るとのこと(なんとなくファミマですね)。このツートンカラーはほんの少しだけの期間限定になるそうです。

2016.6.6 UP

 京急大森町(台鐵ラッピング車) Location at 東京都, 日本(2016)
 

京急レッドじゃない京急車両は現在青2本と黄色1本。この6/4はそのうちの1本の台鐵ラッピングが終了というニュースが突然ネットに出てきました。前もって案内してたみたいなんですが時刻検索とかのニュースで出てきちゃったんで慌てて春日部界隈から移動。

今回は曇天だったんで以前から気になっていた大森町駅ホームから撮影。超望遠で平和島方向を切り取りました。このラッピング車、側面の台鐵ロゴがバシっと決まって高級EMU500みたいになってるんですよね~超違和感。今度は台湾サイドで台鐵京急ラッピング車を撮りたいです。

2016.6.5 UP

 東武野田線フィルム方向幕車両(8000/10030系) Location at 埼玉県, 日本(2016)
 

この春から始まった野田線の急行運転。フィルム方向幕は消滅かと思ってましたがフィルム幕はそのまま引き継がれ貴重な存在であり続けてくれてます。

まず8000系。支線用は写真に写らない安物LEDで統一、残る8000系もほとんどLED化。3編成くらい?めったにお目にかかれません。(写真は春日部駅から)

10030系は編成自体が6編成とレア系。さらにフィルム方向幕は2編成?ありますが60000系が増強中とあってなかなか出会えないです。この日は8000系に続き10030系も急行運用についてくれました。

春日部周辺はまだ自然が残ってるので、藤の牛島駅をはさんで東西で写真を撮りました。のどかな風景の中、上下あわせて10分に2本やってくるので撮影は飽きません。ただフィルム幕狙いとなるとこれが手ごわい。運用表とにらめっこして半日粘ってやっと急行幕をゲット・・という具合です。疲れました~。(写真は春日部~藤の牛島)

2016.5.25 UP

 関西本線DD51貨物列車 Location at 愛知県/三重県, 日本(2016)
 

本日も原色重連が走ったようですね、ということで昨日の続き。写真は2月に撮った853+1805の重連。塩浜支線の撮影ポイントの海山道駅近くの跨線橋の上からのカット。いつもみんなが立つポイントからずらして超望遠で切ってみました。

このときは2月とあってタンク車が尻切れになってしまうくらいの長い編成でした。平日なのになぜだかすごい人だかりで終わりの近づいた北斗星並でビックリしました。

上記の反対側を向くと左のような写真が撮れます。終日逆光になるのですが塩浜から四日市に向かう午後の72レはサイドに日が当たるのでなんとか様になる写真となります。

もともとここは三菱化学へつながっていた専用線の接続ポイントで入換用の小さなヤードがありました。今は三菱専用線は廃止され、無骨なフェンスが立てられてしまい、以前に比べて魅力が下がりました。ただ工夫次第でこのような写真も撮れます。825+889のともに更新色ですが、重連になると凄みが出てきますね。

この日、上の財源となった79レは八田~春田のポイントで撮影。GW中の谷間とあって運用がめちゃくちゃになってるかと思いましたが、コンテナ系は悲惨も石油系はしっかりと走っていました。

原色と更新色を比べると、下2コマ目にある原色重連のほうが馴染みもあって様になりますね。原色重連はもう撮れないかな・・・。

先週立ち寄った蟹江~永和の釣堀ポイントのあと、太陽が残っていたので欲張って永和中学校裏手の永和~白鳥信号所のカーブにも立ち寄りました。

この時期は日没が遅くなって冬場は撮れない2084レが撮影できます。写真のようにギラり反射の写真が撮れるので晴れているなら最後の貨物まで粘ってみましょう。

(しかしながらなんだかんだで愛知機関区のDD51って写真撮ってるなあ~。)

2016.5.24 UP

 関西本線DD51貨物列車 Location at 愛知県, 日本(2016)
 

そろそろ引退が近づいてきたDD51。いまや全国でここ関西本線東海エリアだけが通常運行の場所。写真の場所は八田と春田の間にある、新川河川敷道路から望遠で狙える有名な撮影ポイント。駅撮り風のきれいな編成写真が撮れます。

この月曜日は79レでオリジナル国鉄色853+1805の重連となりました。現在愛知機関区で活躍するDD51国鉄色はこの853、1805だけ。重連で出会えたなんてかなりの幸運でした(なんかいいことしたっけ?)。

実は先週木曜日も名古屋方面の出張があり、夕刻の少しの時間を使って蟹江と永和にある有名スポットに立ち寄っていました。写真は日光川堤防から広い画角で撮影でき、場所も広い貴重な場所。夏場は夕方にバリ順光となり、写真の75レがビシッと撮影できます。この日も運よく国鉄色が入ってくれました~。

昔は平日にはほとんど撮影者がいなかったこの界隈もDD51置き換えの話が出てきて平日でも人が増えてきました。RMの特集なんかが組まれたらすごいことになってしまうのかな、ちょっと心配。

2016.5.22 UP

 塚田~馬込沢 Location at 千葉県船橋市, 日本(2016)
 

今日もお天気だったので前から気になっていた東武野田線に行ってきました。駅ホームからの撮影ポイントはよく紹介されているんですが線路沿いとなるとあんまりなく、特に柏以南は情報があまりありませんでした。

地形をグーグルでチェック、緩いカーブがあり、かつ夏場朝の北東光を受けそうとあってバクチで選んだのがこの場所。ちょうど駅の中間辺りで歩きは不便でしたがまだ畑が残るのどかな風景で気持ちよかったです。写真の8000系フィルム方向幕タイプは近年ぐっと数を減らしすっかりレアものになってしまいました。

2016.5.17 UP

 阿字ヶ浦 Location at 茨城県ひたちなか市, 日本(2016)
 

昨日、路線延伸が発表されたひたちなか海浜鉄道にいってきました。延伸は終点の阿字ヶ浦駅からひたち海浜公園までで、公園西側を通ってモールがある辺りで終点になるとか。ネモフィラとコキアで有名になったこの海浜公園、今や世界的に有名な公園になったようですが、これを機に東京から直行列車が走ればかなり便利になりますね。

ここ阿字ヶ浦駅はちょっと寂しい終着駅ですがいずれは列車交換可能な途中駅となって大きく姿を変えるんでしょうね。

茨城交通時代はキハ20系列の写真を撮りによく来てましたがいつしか足が遠のき、知らないうちにJR東海からキハ11を大量導入したりして、もう国鉄チックな車両ってほとんどが引退してたんですね。

左の写真は撮影ポイントの1つ、磯崎駅手前のカーブ。新入りのキハ11ですが三セクチックな車両なため、意外にも風景に溶け込んでいたりします。でも昔の茨城交通らしさはちょっとなくなったかな。

2016.5.15 UP

 神奈川臨海鉄道千鳥線 Location at 神奈川県川崎市, 日本(2016)
 

先週木曜日、久々にカナリンに行ってきました。出社前のわずかな時間だったので小島新田駅に近い有名なカーブだけを訪問。

この日は日触の財源がなく行きは単機、帰りは写真の昭電のコンテナ1車のみという寂しい内容でした。

2016.5.13 UP

 中竜鉱山トロッコ列車 Location at 福井県大野市, 日本(2015)
 

写真は福井県大野市にある九頭竜国民休養地にあるトロッコ列車。九頭竜紅葉まつりに出向いた際に撮ってきたものです。紅葉まつりは毎年10月後半に行われるこのあたりの一大イベント。平時は閑散としている休養地もまつり開催時は前の国道が大渋滞するほどの活況を帯びます。

河川敷駐車場の脇に線路が直線に約140mほど敷かれ、その上を中竜鉱山で使われていたトロッコが走ります。不定期で運行されてますが、ちょうどこの週末に乗車イベントがあります。

2016.5.10 UP

 桜上水 Location at 東京都世田谷区, 日本(2016)
 

上品な住宅街の中にある京王電鉄桜上水駅。下り線ホーム高尾寄りからこんな編成写真が撮れます。緩い勾配が長い編成を引き立っててくれます。

写真の京王7000系電車は昔ながらの京王らしいスタイルも、後継の8000系からはなんかとっても普通な電車になっちゃって、ゴツゴツした京王らしさが薄らいじゃいました。7000系もリニューアルで方向幕がLED化され、こうしたフィルム幕も珍しくなってきました。

2016.5.9 UP

 二子玉川~二子新地 Location at 川崎市高津区, 日本(2016)
 

超平凡だけどガッツり東急電車の写真が撮れる二子新地駅。望遠が必須ですが下りホームニコタマ寄り先端少し手前からこんな写真が撮れます。

8090系を撮りたいんですがなかなか出会えません。東武線に乗り入れしない限定運用なので筋を見つければいいんでしょうけどここを順光で狙える時間にはこないかな。写真右はまだまだ主力の古株8500系と左は大井町線乗り入れ用の6000系。

2016.5.8 UP

 西新井~竹ノ塚 Location at 東京都足立区, 日本(2016)
 

今日は天気がいいので早起きして行ったことがない東武伊勢崎線の西新井へ行ってきました。夏場早朝だけ順光で撮れる大カーブが狙い目です。

写真は西新井と竹ノ塚の間にある跨線橋からの1枚。望遠でカーブを切り取る方法でこんな写真が撮れます。日比谷線の車両置き換えが決まっており、来訪者が増える前に押さえておきたいポイントです。

2016.5.7 UP

 福井鉄道 田原町/福井駅/市役所前 Location at 福井, 日本(2016)
 

続けて北陸出張があったので、福井鉄道-えちぜん鉄道乗り入れ後風景を追加取材してきました。まずキーボの運用。車庫から福井口駅に出てくるのは実際の目撃から839M列車と909M列車の間。このあとは推定になりますが、パターンダイヤと同じような時間で鷲塚針原まで回送されてるんでしょうね。

キーボはフクラムより少し短め(2連接)で万葉線のMLRV1000形みたいです。今のところ朝のラッシュ時の運用がないので小ぶりでも大丈夫なんでしょう。

越前武生749発田原町行き普通には600形がまた入っていました。しばらく平日運用に就き続けるのかもしれません。

この列車、田原町についたら回送としてすぐに折り返します。(ちょうど折り返し時には田原町線路先には610形が待機しているので一瞬昔の光景になる)

(写真は新しい福井駅を出る600形)

この回送、市内近くの留置線に入ってたのか、田原町1024発の普通列車としてまたまた田原町まで回送されてきました。ダイヤを見ると確かに1024発となる折り返し列車がない・・・。

市内近くで留置できそうなのが赤十字前駅と神明駅。どっちまで行ってるんでしょうね~、時間的には赤十字前かな。 越前武生749発は田原町1024発と運用が同じってことになります。平日749発に600形が入ったら1024発にも入るって事になります。たぶんね。

(写真は折り返し普通列車となって越前武生行きになる600形)

600形は昔の急行色をまとってるのですごく絵になります。610形も塗装が剥げてきたので次の塗装は上品な急行色にしてほしいなあ。あと600形に田原町方向の方向幕、いい加減直したらいいんですが。

新しい白・緑・青の福鉄カラーってあんまり馴染めなくて、いまだにちょっと昔の三セク代表カラーみたいに見えてしまうんですよね。旧名鉄路面組も急行色にしたら雰囲気変わるんですけど(さらにヨーロピアンな雰囲気なっていいんですけど)。

(写真は市役所前付近)

2016.5.6 UP

 音羽町 Location at 静岡市, 日本(2016)
 

新車が入って世代交代がスタートした静岡鉄道。1000系だけのワンパターン車両が食指を動かさなかったんですが、平日限定の丸サボが懐かしくて、出張ついでで時間ができたらちょこちょこ立ち寄るようになってしまいました。

写真は音羽町駅近くの細い線路沿いの小道から静岡方向にカメラを向けたもの。平日限定デイタイムの柚木行きですが、方向幕は昔ながらの白地の懐かしいスタイルです。

2016.5.5 UP

 八広 Location at 東京都墨田区, 日本(2016)
 

今日の早朝、荒川お散歩ついでに京成八広駅に立ち寄りました。ここはホームからトラス橋を行く列車が撮れる有名スポットですが、夏場早朝は逆の押上方向がちょっとした撮影スポットになります。

LED化前の方向幕を狙いに行ったはものの、今日は都営車両と京急新1000系がやたらと来るくじ運で撮りたい車両はゲットできませんでした~。

2016.5.4 UP

 まむろ川温泉梅里苑 森林トロッコ列車 Location at 山形県真室川町, 日本(2016)
 

昨日、まむろ川温泉梅里苑(ばいりえん)の森林トロッコ列車を訪問してきました。かつてJR奥羽本線釜淵駅から延びていた森林鉄道を宿泊施設内に復元させた遊戯鉄道です。遊戯といっても1kmの運行距離がある本格的なミニ鉄道です。

当時使われていたカトウくんの同型機をどっかから持ってきて、さらに客車は北陸重機製と本気度いっぱい。線路の雰囲気から全体の鄙びた感まで、かなりイケてる復元鉄道です。施設内は公園にもなっており外部からも自由にアクセスできます。

2016.5.1 UP

 JR横浜線 片倉 Location at 東京都, 日本(2016)
 

昨日はそろそろ見納め時が近づいてきた185系狙いで、夏場にバリ順光で撮影できる片倉駅に行ってきました。

GW中とあっていっぱい人がいるかなと思ったらゼロ。落ち着いて撮影することができました。

2016.4.29 UP

 JR中央本線 西荻窪 Location at 東京都, 日本(2016)
 

今日は中央線でお散歩がてら、西荻窪でグレードアップあずさ色の臨時あずさ号を撮ってきました。この区間は完全逆光なので曇天がいいのですが、曇っていた空が急に青空に。

しぶしぶ逆光で撮影も振り返っての撮影もなかなかよかったのでこちらに掲載。今度は甲信エクスプレスとして撮影してみたいです。明科~西条かな。

2016.4.23 UP

 JR奈良線 宇治~黄檗 Location at 京都府, 日本(2016)
 

JR奈良線の有名撮影地、宇治川にかかるこの鉄橋も、京都~城陽の全区間複線化事業の決定でしばらくすると見納めとなりそう。2022年度が事業最終年度も工事は今年度にも始まってしまいそうです。複線化後は鴨川にかかるようなごついトラス鉄橋に変貌するのでしょうか・・・。

国鉄時代生粋の103系もここではまだまだ主力車両。大阪環状線新型車置き換えで余剰となる201系に置き換えられるかもしれません。しかし201系自体も2世代前くらいに古い車両。いい加減新しい車両にしたらと思ってしまいます。

2016.4.19 UP

 やながわ希望の森公園「さくら1号」 Location at 福島県, 日本(2013)
 

写真は福島県伊達市にある「やながわ希望の森公園」園内を走るナロー蒸気機関車。阿武隈急行のやながわ希望の森公園駅近くの西口から公園中央部までの800mを走る遊戯鉄道で、開業も1987年という比較的新しい鉄道です。

機関車は開業のためにわざわざ作られた新造で、両端部にターンテーブルが備え付けられ、機関車の付け替え時にきちんと向きを変える徹底ぶり。桜でも有名なこの公園は春先の撮影が一層盛り上がります。ただ今シーズンの桜は終わったようです。。。

2016.4.16 UP

 亜州水泥花蓮製造廠専用線(新城) Location at 花蓮縣, 台湾(2015)
 

ここは台湾東部にある、台鐵新城駅からアジアセメント花蓮工場へつながる専用線。日本同様台湾も専用線がどんどんなくなっていますが、そんな中、東部北部エリアはセメント工場が多数あり、大半が台鐵を使って出入荷するため専用線が比較的残っています。

新城の専用線はほぼ2-3時間に1度と運転頻度が高く、平日狙いであればまずゲットできます。ただし、駅から工場までは距離があるのに撮影ポイントは工場出入り口と新城駅構内くらい。日立製のDLがメイン機でがんばります。

2016.4.14 UP

 福井鉄道 田原町/福井駅/市役所前 Location at 福井, 日本(2016)
 

昨日えちぜん鉄道と乗り入れが始まった福井鉄道を覗いてきました。まず田原町。えちぜん鉄道含め2面3線構造となってるんですが、えちぜん鉄道乗り入れ列車はえちぜん鉄道側ホームを使います。かつての倒れそうな木造駅舎が様変わりです。朝のラッシュ時は学生がかなりの数なんですが、ここ田原町で降りちゃうんですね、だからラッシュ時の乗り入れはないのかな。

ダイヤ大改正後の平日午前の大型車運用も健在でした。フクラムが3編成となって予備車になっちゃったかもと思ったんですが、学生利用がかなりあるので小型車ではさばききれないのでしょうね。

乗り入れ運用車は当面フクラムとキーボで決まってますので、そのあとの急行運用に610形が入ります。田原町からの折り返しは田原町で小休憩後、9時代の急行運用について武生へ戻ります。

さらにビア電車から急遽通常運用に戻された600形もまだ運用に入ってました。保留車がまだ多いからでしょうか、4本目のフクラムが入るか故障中の200形が戻ったら運用は一旦終わるのかも。

この日の600/610形の運用は、越前武生729発田原町行き急行と749発田原町行き普通でした。帰りは田原町840発のあとに600形回送(赤十字社行き?)、田原町932発急行に610形が入りました。

(写真は回送で走る600形)

ちなみにヒゲ線の終点だった福井駅前駅は乗り入れ開始と同時に、福井駅西口のロータリーへ乗り場が移動、駅名も「福井駅」に昇格しましたが、もともとあった福井駅前停留所は移転からわずか3週間ほどだったんですがみごとに撤去されてました。道路舗装も完了しており元あった場所も周りの風景に溶け込んでいます。

(写真は福井駅~市役所前の元福井駅前電停があった付近)

富山駅の地鉄市内線の変わりようもすごいんですが、ここ福井も変わり方がすごい。えちぜん鉄道のほうは福井口まわりはまったく変わってしまいましたし、今の福井駅も新幹線用ホームを使った仮駅。新高架駅はこれから建設され、一連の鉄道整備が完了した後お客さんが増えたら面白い事例になりそうです。

結局地方鉄道って自治体の思い入れ次第でこんなに変わるんだなあと感心した次第。フクラムが連なって走る風景なんか見たら鉄道先進国ヨーロッパのとある街みたいに思いました。

(写真は3年前の田原町。風景はすっかり変わりました。)

2016.4.12 UP

 北陸本線 越中宮崎~市振 Location at 富山, 日本(2014)
 

新幹線開業前の最後の桜を撮りに訪問した有名俯瞰場所。鉄橋側に降りて桜アップが俯瞰かどっちかな・・と迷った挙句、まだ雑草がない俯瞰場所のほうを選択。

485系の北越ですがLED方向幕なのでまったくわからないんですが、485系自体が今となっては貴重な存在。富山って春先限定の撮影ポイントが結構多くて有名なチューリップから立山連峰と、この時期撮影ハイシーズンだったりします。

2016.4.11 UP

 南海本線 貝塚~二色浜 Location at 大阪, 日本(2015)
 

年末に久々に泉州をブラブラ。ここの撮影ポイントはきれいに撮れる有名なところですが、踏み切りまわりの設備の関係で実はベストポジションには1人だけという残酷なスポットです。

グリーンな7000系は運行終了もグリーンのサザンは継続運転中とあって、スターウォーズラピート狙いもかねて初のチャレンジ。昔はたまねぎ畑が広がっていたこのあたりもマンションまで立ってる始末。えらく変わってしまいました。昔といっても四国号や淡路号が走っていた時代なんで・・・そりゃ変わってしまいますわ。

2016.4.10 UP

 京成金町線 柴又 Location at 東京, 日本(2015)
 

今日は寅さんのふるさとの柴又に行ってきました。下町をぶらりと回りましたが帝釈天のにぎやかさから離れると妙に大阪チックで楽しかったです。

ついでにまともに写真を撮ったことがない京成もゲット。柴又駅以外でも高砂駅や八広駅でちょこっと撮りました。知らないうちに写真のような京成らしい電車ってすっかりなくなってたんですね。大半はLED方向幕で写真に写るときれいじゃないやつばかり。当たり前の電車もちょこちょ写真に撮っておかないと知らないうちになくなってします。

2016.4.9 UP

 JR さくら夙川~芦屋 Location at 兵庫, 日本(2014)
 

西宮市内を流れる夙川は両岸に連なる桜並木が有名。ここJRさくら夙川駅近くの鉄橋はこの桜並木を貫き、この時期だけのちょっとした撮影ポイントに。

河川敷は遊歩道になっており、上流の阪急甲陽線からずっと桜を眺めて下流へ下るお散歩は最高の風景。町並みから一段河川敷が下がっているのでレンズの圧縮効果みたいに桜がより近くで感じることが出来ます。この週末は桜吹雪が楽しめそう。

2016.4.8 UP

 高雄輕軌 前鎮之星駅 Location at 高雄, 台湾(2016)
 

かつての台鐵貨物線跡を利用して建設中の高雄のライトレール、3月終わりにチェックしてきました。ここの目玉は架線がないことなんですよね。2015.10から試運転が開始され、日中30分ヘッドで籬仔内駅~凱旋中華駅を往復しています。試運転中の乗車はタダ!

外観はバルセロナのライトレールっぽいんですがなんせ架線がないのでなんとなくへんてこな雰囲気。こんな感じで走れるなら日本の非電化ローカル線でも走行可能ですね。万葉線と城端線とかの乗り入れなんかがよさそう。 2016年末あたりまでに第一期工事分の高雄MRT橘線の西子灣まで全通予定で、これができると高雄の観光もすこぶる足の便がよくなります。

2016.4.7 UP

 EF81牽引貨物列車 Location at 日本海ひすいライン 有間川~谷浜, 新潟, 日本(2015)
 

北陸エリアの交流区間で幅を利かせていたEF81。津軽海峡線のEH800投入で余剰になるだろうEH500で置き換えが噂されてましたが、予定通り?2016年春のダイヤ改正で通常運用がなくなってしまいました。

最近は改正毎に運用が減って、今はわずかに九州に運用が残るのみ。ダイヤ改正後も北陸エリアでは代走が続いてますが、これもあともう少しかな。。。他の国鉄面の機関車ももうあとわずかですね。


「鉄道がある風景」

・当サイトの写真・ページ等の転載、商用でのご使用は一切ご遠慮いただいています。
・写真の貸し出し等は管理できないため理由如何に問わず行っていませんのでご了承ください。
・リンクはフリーですがトップページにお願いします。なお「相互リンク」はメンテナンス上の問題からお断りさせていただいてます。真に申し訳ございませんがご了承願います。
Copyright Notice: All images on this site are © Copyright and remain the property of the photographer "Yukihiro Minami" and other photographers, copyright persons. These images may be downloaded and be used for non-profit personal use. Any other use of these images is strictly forbidden.
MAIL(整備中)

  Copyright © Yukihiro Minami  All rights reserved. / 版权所有不得转载