鉄道がある風景 タイトル

 Thank you for visiting. Started from Oct.18, 1997.  


懐かしの鐵道風景

アイテム:101路線/施設



こだわりの鐵道風景

専用線、貨物専業、
遊戯鉄道、保存施設等

アイテム:77路線/施設



海の向こうの鐵道風景

アイテム:13カ国



日々の備忘録
(トップページ)


過去→ 12345



  備忘録:過去3 2017.1-3
2017.3.18 UP

 開業!桃園機場捷運 Location at 台湾(2017)
 

台北市街と台北国際空港(桃園機場)との連絡鉄道「桃園機場捷運」がやっと3月に正式開業となりました。

台北っ子はいったいいつできるのか、できたらできたで本当に安全なのか・・って具合。

(写真:林口、2017.3)

2月にテスト開業ということで恒例?の無料開放期間を経て3月上旬から正式運行に。

3月いっぱいは開業記念ということで半額で運行されています。

(写真:林口、2017.3)
もともとの開業は2014年とかそんな時期だったんですが●紅さんともめまくって開業が大幅遅延。何でもめたか定かではありませんが途中運行スピードが極端に落ちる部分があって車両運行と設備がマッチしていないとかあるんでしょうね。本当ならちょっとひどい話ですけど。

車両は快速車両と普通車両に分かれ、快速は紫主体のカラーリングで台北と空港を速達で結びます。シートもクロスシートで荷物室が付いた5両編成。普通車は外観同じもブルー主体のカラーリングで4両、ロングシート車となっています。

(写真:泰山貴和、2017.3)
2017.3.14 UP

 能勢電鉄 妙見急行見納め Location at 大阪府 日本(2017)
 

平日朝のみ運行の妙見急行、この3/18ダイヤ改正で運行終了となります。

少子化影響なのか、混雑も以前ほどひどくなくなって車両運用も余裕を持ちたいといったところでしょうか。

(写真:滝山~絹延橋、2017.3)

同時に土曜日のみ運行の日生急行も廃止となります。日生急行は平日運行の日生エクスプレスの代替列車だったんですが、こちらもお客さんが減少しての廃止なんでしょうね。

ちなみに阪急乗り入れの日生エクスプレスは引き続き運行されるとのこと。短編成ばかりの能勢電での10両編成とあってかなり目立ちます。

(写真:滝山~絹延橋、2017.3)
2017.3.13 UP

 千葉ニュータウン鉄道9000形見納め Location at 東京都 日本(2017)
 

晩年は一編成だけのかなりレアものだった千葉ニュータウン鉄道9000形。とうとうこの3/20をもって引退となります。

現在も通常運用に就いており、週末まで楽しむことはできそう。なかなか昭和なスタイルでイカしてるんですがあと1週間だけとなりました。

(写真:京成高砂、2016.6)

2017.3.2 UP

 "烏山線"気動車見納め Location at 栃木県 日本(2017)
 

西の蓄電池駆動電車化は若松線。同じ時期に東の烏山線も全列車蓄電池駆動電車化されることとなりました。

若松線に先行して一部列車の電車化はしてましたが4日のダイヤ改正をもって気動車が全廃されます。

(写真:下野花岡~宝積寺、2017.1)

宇都宮~宝積寺走行時または宝積寺・烏山駅停車時に充電されます。

若松線と違って走行区間が長いためか、終着駅の烏山駅には充電用の架線が用意されています。

(写真:烏山、2017.1)
烏山線は関東エリアで唯一キハ40が残る線で、起伏にとんだ風景を走るため被写体として人気がありました。

写真の龍門の滝と一緒に移せる滝駅近くのスポットも健在。

(写真:滝~烏山、2017.1)
光線の位置関係で撮る雰囲気が変わるこの撮影スポットも人気です。電車になってもいい感じなんでしょうね。

国鉄色の編成だと30年前にタイムスリップしたみたい。

(写真:滝~小塙、2017.1)
この小さな鉄橋も人気ですね。

小塙駅周辺は撮影に向いた開けた特徴あるところが結構ありますね。

(写真:大金~小塙、2017.1)
平日朝の3連も明日でおしまい。

電車化したら2両なるのか4両になるのか・・・。

(写真:大金~鴻野山、2017.2)
2017.2.26 UP

 "若松線"気動車見納め Location at 福岡府 日本(2017)
 

若松線こと、筑豊本線若松~折尾は筑豊本線電化からも取り残され、枝線としてのこの俗称が定着しています。

この若松線は次の3月ダイヤ改正で気動車が全廃されますが、電化されるのではなく、すべて蓄電池駆動電車に置き換えられるのです。

(写真:本城~二島、2017.2)

ダイヤ改正後はすべての列車がDENCHAという愛称のBEC819系電車の運行となります。折尾から若松までは架線は設置されないため折尾駅停車時または折尾以南走行時に充電するそうです。

架線設置などもないため見た目は単に車両置き換えだけなんですが、今後気動車は若松線で見ることができなくなります。

(写真:藤ノ木~若松、2017.2)
この写真の撮影スポットはかつて50系客車がなくなるときに訪れて以来の久々の場所。海と絡めて写真が撮れる唯一の場所だったりします。

ぶらっと周りを散策しましたが、旧若松駅操車場跡を使った大規模開発以降、周りの風景はあまり変わらずの懐かしい若松界隈でした。

(写真:藤ノ木~若松、2017.2)
この若松線、特徴がなくてなかなか撮影スポットが難しいんですが、一部駅舎などは国鉄時代の雰囲気がまだ残ってたりします。そんなところに最新の電車が走るとなるので最初は違和感あるかもしれませんね。

これらの風景はあと5日ほどとなりました。

(写真:本城~二島、2017.2)
2017.2.19 UP

 阪和線103系動向 Location at 大阪府 日本(2017)
 

昨年末に103/205系4連が一掃された阪和線。その後どうかな・・・ということで。

2月中旬現在は年末以降と車両運用は変わってませんでした。この日は205系より103系リッチで・・・

(写真:津久野、2017.2)

平日ラッシュ時日根野始発の区間快速もこのとおり103系で走っていました。

津久野駅ホームから気軽に撮影できるこのポイントは曇天時じゃないと光線状態をコントロールできないんですよね。

(写真:津久野、2017.2)
津久野駅反対側はこんな感じで撮影可能。

景色としてはつまらないんですが浅香と鶴が丘だけだとつまんないんで記録記録。

(写真:津久野、2017.2)
曇天時といえばここ、ダイナミックな写真が撮れる和泉橋本~東貝塚のこのポイント。

順光で、かつ線路上の跨線橋がなければすばらしい撮影ポイントになるんですけどね~。さきほどの区間快速の天王寺折り返し後、熊取まで戻ってさらに折り返します。

(写真:和泉橋本~東貝塚、2017.2)
この日は結構103系を収められましたが3月の改正後はどうなることやら。

羽衣支線は残りそうですがホーム4両化工事が進んでおり、来年までは持ちそうにありません。

(写真:日根野、2017.2)
2017.2.2 UP

 静鉄1000系引退第二弾 Location at 静岡県 日本
 

長らく1000形だけの単一形式だった静鉄に久々の新車3000形が入ったのが16年の春。

このとき写真の1004+1504編成が引退となりました。

(写真:桜橋、2015.3)

この3月には3000形第二編成が入り、写真の1002+1502編成が引退となります。

2024年までに12編成を入れ替えるということであと10編成、まだまだ時間はあるのですが、ちょこちょこ立ち寄って記録に残していきたいと思ってます。

(写真:狐ヶ崎~御門台、2015.3)
2017.1.14 UP

 両毛線107系動向 Location at 栃木県 日本(2017)
 

西が103系で騒ぐなら、東は高崎界隈の115系と107系でしょうか。そろそろ終焉の時期を迎えつつある今日この頃。

107系は急行用165系の部品を使って国鉄末期~JR発足時に即席で作った車両。外観はほぼ105系のコピペも足回りなど結構くたびれてます。

(写真:小山~思川、2017.1)

高崎界隈の107系は100番台のみ。0番台は日光線で使われてましたが一足先に廃車されてます。

ここ両毛線では6連がまだ健在。ただ2016年春のダイヤ改正で211系への置き換えが進み、かなり減った感じがします。

(写真:栃木~大平下、2016.12)
日光連山をバックに走るこの姿もあと1年くらいかな。走行音は103系並みのバリバリ国鉄音なのですが聞き納めは近づいてます。

この春に一掃されるとの情報もありますが残る115系は人気があるので、こちらが先になくなってしまう可能性が高いですね。ちなみに前2両が2次車、後2両が1次車です。戸袋窓の有無で判断します。

(写真:思川~小山、2017.1)
2017.1.4 UP

 阪和線103系動向 Location at 大阪府 日本(2016)
 

年末に定点観測の阪和線へ。12.23から103系4連全廃との話から見に行ってきましたが想像以上に運用が激減してました。

まず平日の区間快速運用。日根野始発のほうはなんとか103/205系で残りましたが・・・

(写真:東佐野、2016.12)

その1本前の和歌山から来て天王寺折り返し熊取行き区快となる運用は御覧の通り225-5100に・・・。

普通列車も4連はすべて3ドア車へ。6連も205系を意図して多用しているようで103系出会い度はかなり落ちてしまいました。

(写真:東佐野、2016.12)
12月3連休は環状線の車両入換で盛り上がってましたがこちら阪和線は一気に旧型車が離脱。

この春には少なくとも103系は一掃されてしまうんでしょうし、205系も残るのかな?環状線より変化が激しい1年となりました。

(写真:東貝塚~和泉橋本、2016.12)
2017.1.3 UP

 岳南電車と富士山 Location at 静岡県 日本(2016.1)
 

新年あけましておめでとうございます。

ということで岳南電車の定番の富士山バック写真。去年の1月撮影なんですが、雪が今年のようになかったんですよね~。どうぞ今年もよろしくです。

(写真:ジヤトコ前~吉原、2016.1)


「鉄道がある風景」

・当サイトの写真・ページ等の転載、商用でのご使用は一切ご遠慮いただいています。
・写真の貸し出し等は管理できないため理由如何に問わず行っていませんのでご了承ください。
・リンクはフリーですがトップページにお願いします。なお「相互リンク」はメンテナンス上の問題からお断りさせていただいてます。真に申し訳ございませんがご了承願います。
Copyright Notice: All images on this site are © Copyright and remain the property of the photographer "Yukihiro Minami" and other photographers, copyright persons. These images may be downloaded and be used for non-profit personal use. Any other use of these images is strictly forbidden.
MAIL(整備中)

  Copyright © Yukihiro Minami  All rights reserved. / 版权所有不得转载