千葉こどもの国 キッズダムトレイン/鉄道がある風景-企業・遊戯・保存編
 
←BACK  NEXT→


Page Start 2012.5.16 最終更新日【2015.3.2】
キッズダムトレイン
「千葉こどもの国 キッズダム」
DATA
千葉こどもの国 キッズダム
千葉県市原市

「キッズダムトレイン」

周回軌道(乗降車駅1か所)
500m

公式サイト

GoogleMap
《GALLERY》
PHOTO→
TICKET→
STAMP→
解説
「千葉こどもの国 キッズダム」は千葉県市原市にあるテーマパークで、開園は1971年と古くからある施設です。以前は「千葉県こどもの国」と名乗っていましたが2006年秋に休園。その後第三セクターに経営が引き継がれ2007年2月に再開業し現在に至ってます。

場所は小湊鉄道海土有木駅から徒歩20分くらい、丘陵地にある山倉ダム湖に面して作られています。敷地は広大で、大半が芝の広っぱとなっており、小さな子供が走り回るのに向いています。テーマパークとはいえ、遊園地というよりは、ゴーカートやバーベキュー、サイクリングなどのファミリー向け遊び場という感じです。

園内はゲート入って西側と東側の大きく2つのブロックに分かれ、園内を走る豆汽車は東側にあります。ゲート入口にはからくり時計があって、毎時00分毎にそのからくりが働きます。

キッズダムトレインと名付けられた豆汽車は湖畔近くの隅っこにレールが敷設され、乗車駅と降車駅が同じの、典型的な遊戯鉄道です。1回300円で1周500m、約5分ほどの小さな旅です。時計まわりに運行され、ヘアピンカーブ2カ所で路線長を稼ぐ楕円の軌道を進みます。

機関車はおそらく朝日テック製の600mmゲージタイプのもので、機関車+テンダー+客車の構成です。テンダー部分に運転手が乗るタイプで、バッテリー類もテンダーにあると思われます。集電は乗車駅停車中に補う強制充電タイプです。

客車は屋根付き半オープンのもので、これもよくある仕様のものです。めずらしく機関庫を持っており、運転終了時にはちゃんと入庫してるみたいです。足りまわって遊ぶタイプの公園なので雨の日などは運転しないのかもしれません。

この鉄道自体には特にテーマ設定などしておらず、単に小さな旅を味わうという豆汽車です。

なお、ここの公園は公共交通機関のアクセスが悪いため車利用が便利でしょう。ほとんどのお客さんはマイカーで来ています。とにかく広くて走り回れるのでストレスたまった小さなお子様には楽しむことができます。入園料は大人500円とリーズナブル。1日子供を放し飼い状態にするにはお手軽な公園です。



「鉄道がある風景」/RailScape
Copyright ; © Yukihiro Minami, All rights reserved. / 版權所有 不得轉載

当サイトの写真・ページ等の転載、商用でのご使用はご遠慮いただいています。また写真の貸し出し等は理由如何に問わず行っていませんのでご了承ください。リンクはフリーですが、トップページにお願いします。なお「相互リンク」は管理上お断りさせていただいてます。ご了承ください。
Copyright Notice: All images on this site are © Copyright and remain the property of the photographer "Yukihiro Minami" and other photographers, copyright persons. These images may be downloaded and be used for non-profit personal use. Any other use of these images is strictly forbidden.