旧 JR北海道 上砂川支線 保存施設(上砂川駅、鶉駅) / 鉄道がある風景
 
←BACK  NEXT→


Page Start 2014.9.18 最終更新日【2014.9.18】
旧 JR北海道 函館本線上砂川支線 保存施設 (旧 上砂川駅、鶉駅)
DATA
JR北海道函館本線上砂川支線
砂川~上砂川 7.3km
5駅:砂川、下鶉、鶉、東鶉、上砂川


保存施設公式サイト

悲別~かなしべつ~(上砂川町サイト)

旧上砂川駅舎(GoogleMap)
旧鶉駅舎(GoogleMap)

《GALLERY》
PHOTO→
TICKET→
STAMP→
解説
JR函館本線砂川駅から東へ、上砂川に至るまで走っていたのが上砂川支線。函館本線の一部区間ということで、丘1つ隔てた北側を走っていた歌志内線より旅客数が少なかったにもかかわらず、特定廃止路線の対象から外れ1994年5月まで存続し続けました。

路線長が短いので廃線跡はあぜ道などとなって残っていますが整備はされず、いずれは自然に帰って行くのでしょう。終点の上砂川駅舎は保存されるも、構内は区画整理となって大変貌。駅とつながっていた三井砂川炭鉱の広いヤードも広大な空地となり、当時の栄華を偲ぶものとなっています。シンボルでもあった立て坑の三井砂川中央竪坑は保存され野原にポツンと立っています。


保存施設

施設としては終点だった上砂川駅のみ。払い下げにより当時の姿を残す鶉駅舎はお店に変わって駅らしさがなくなりつつあります。

旧上砂川駅(悲別駅)(旧上砂川駅)

当時駅舎は道道114号線の前あたりにあったと思うのですが、曳家と配置換えで90度向きを変え、80mほど北西へ移動したような感じです。とはいえ、駅舎は当時の雰囲気をそのまま残し、映画の舞台となった資料などが保存されています。

ただ、当時の雰囲気は駅舎だけで、併せて静態保存された荷物車と車掌車はなんとなく無造作な配置で置かれています。車掌車の線路配置が当時の配置ですが当時の様子を反映したものではありません。


(旧鶉駅舎)

駅舎は国道沿いということもあってか民間に払い下げられたようで、喫茶店⇒うどん屋⇒雑貨屋という変遷でだんだんボロッちくなってきています。老朽化も進んでいるんでしょうね、今のオーナーさんが去ってしまうとどうなるかわかりません。


#現役時代の上砂川線の様子はこちら





「鉄道がある風景」/RailScape
Copyright ; © Yukihiro Minami, All rights reserved. / 版權所有 不得轉載

当サイトの写真・ページ等の転載、商用でのご使用はご遠慮いただいています。また写真の貸し出し等は理由如何に問わず行っていませんのでご了承ください。リンクはフリーですが、トップページにお願いします。なお「相互リンク」は管理上お断りさせていただいてます。ご了承ください。
Copyright Notice: All images on this site are © Copyright and remain the property of the photographer "Yukihiro Minami" and other photographers, copyright persons. These images may be downloaded and be used for non-profit personal use. Any other use of these images is strictly forbidden.