士幌鉄道記念公園/鉄道がある風景-企業・遊戯・保存編
 
←BACK  NEXT→


Page Start 2001.1.5 最終更新日【2012.6.21】
「士幌鉄道記念公園」   旧国鉄士幌線士幌駅
DATA
士幌鉄道記念公園
(士幌町)

問合せ:士幌町役場

《GALLERY》
PHOTO→
TICKET→

解説
士幌鉄道記念公園は、旧士幌線士幌駅をそっくりそのまま残した施設です。駅舎や腕木式信号、プラットホーム、レール等がそのまま残され、ホームに立つと広い構内の雰囲気が今でも味わうことができます。静かなプラットフォームでボーっとしていると今にも列車が来そうな雰囲気です。保存車両は貨車が申し訳なさそうにぽつんと屋根付で置かれています。

広い構内は雑草も刈られ、牧草の生える緑の絨毯のようになっていて、もうずいぶん列車が走っていないという感じが伝わってきます。線路脇にぽつんと立つ錆び付いた腕木式信号機が、さらにこの風景に「わび」「さび」を出しています。残された施設は現役時代の栄華を懐かしんでいるような、寂しげな風景です。旅愁が漂う、いい感じの風景です。

この士幌鉄道記念公園への足は、帯広駅から士幌方面行きバスに乗り士幌で下車、途中国道から腕木式信号が見えますのでそれを目指して歩いてください。車の場合は帯広市内からだと国道241号線で士幌市街へ入る付近で旧道に入り、なんとなく駅前という雰囲気のところで右折すると駅舎が現れます。ちょっとわかり難いところにありますので見逃さないようにしてください。

また、旧士幌線の遺構としては上士幌町に旧上士幌駅跡地を公園とした「上士幌交通公園」と旧糠平駅跡に作られた「上士幌町鉄道資料館」があります。上士幌交通公園はパターゴルフ場のある、芝の広場がメインで、かつての駅舎やホームは撤去され2両の客車が置かれています。状態は悪くそのうちスクラップされそうです。

上士幌町鉄道資料館は廃線後に新たに建物が作られ、士幌線関連の鉄道資料が収められています。もう当時の糠平駅の雰囲気はないようですが、車掌車が1両置かれているのがかつて鉄道があった証となっています。この資料館は町が管理しており、開館時間は 9:00~16:00 月曜日休館かつ冬季11月1日~3月31日休館、入場料大人300円 となっています。


「鉄道がある風景」/RailScape
Copyright ; © Yukihiro Minami, All rights reserved. / 版權所有 不得轉載

当サイトの写真・ページ等の転載、商用でのご使用はご遠慮いただいています。また写真の貸し出し等は理由如何に問わず行っていませんのでご了承ください。リンクはフリーですが、必ずトップページにお願いします。なお「相互リンク」は管理上お断りさせていただいてます。ご了承ください。
Copyright Notice: All images on this site are © Copyright and remain the property of the photographer "Yukihiro Minami" and other photographers, copyright persons. These images may be downloaded and be used for non-profit personal use. Any other use of these images is strictly forbidden.