トーマスタウン「トーマスシアタートレイン」/鉄道がある風景-企業・遊戯・保存編
 
←BACK  NEXT→


Page Start 2012.7.21 最終更新日【2015.3.8】
トーマスタウン「トーマスシアタートレイン」  
DATA
ららぽーと新三郷
埼玉県三郷市

周回軌道(乗降車駅1か所)
約50m?

公式サイト

園内マップ

GoogleMap
《GALLERY》
PHOTO→
TICKET→
STAMP→
解説
トーマスタウン「トーマスシアタートレイン」は2009年9月にオープンした「ららぽーと新三郷」の建物内を走る遊戯施設です。この乗り物を遊戯鉄道として見るかどうかが微妙なのですが、一応レールの上をキャラに扮したバッテリーカーが客車を引く鉄道らしい乗り物となっています。

このトーマスタウンは富士山麓にある「トーマスランド」とは違い、屋内のショッピングセンターの一角を借り受けた小さなテーマパークです。乗り物はこのシアタートレインだけで、後はプレイエリアとしての幼児向け遊び場「ブレンダムドック」、トーマスグッズを販売する「ナップフォードマーケット」、食事処の「ブレンダムレストラン」が大きな施設でしょうか。

施設内では架空貨幣の「トーマス」というプラコインが使われ、シアタートレインやプレイエリア、当てモノ屋など中央のナップフォードスクエアに面したところでの支払はこの「トーマス」で支払いをします。1000円などの単位で複数枚のコインを買うので、ちょうど遊園地の回数券みたいなイメージです。ただしレストランやお土産ものでは使えません。

このシアタートレインですが、その名の通り途中ミニ映画を見るために乗車するというコンセプトになっています。出発駅はナップフォード駅。アニメオープニングで出てくる風車を1周して暗闇の中に入っていきます。約3分の映画なのですが、小さな子供だと真っ暗の中を列車が進みますので、結構怖がってしまいます。ある程度の大きさになるまで避けるのが無難です。

列車は2編成まで入れますが、週末はたいへんな人ごみで乗車するには整理券をもらわないと乗れません。さらにその整理券をもらうための行列に並ばなくてはなりません。

先頭に立つ機関車はトーマスとパーシー。平日などお客さんが少ない時はどちらかの1編成が入ります。レールはエンドレスループ構造で、重複するホーム付近は1本を両サイドに供用しての3本レールで対応。電力供給もレールから行っているようです。

なお、ららぽーと新三郷は、もともと武蔵野線貨物を扱う武蔵野操車場跡を整備したことからでしょうか、なぜか元寝台特急「夢空間」で使われた24系客車2両(食堂車、ラウンジカー)が敷地内に別々に保存されています。




「鉄道がある風景」/RailScape
Copyright ; © Yukihiro Minami, All rights reserved. / 版權所有 不得轉載

当サイトの写真・ページ等の転載、商用でのご使用はご遠慮いただいています。また写真の貸し出し等は理由如何に問わず行っていませんのでご了承ください。リンクはフリーですが、トップページにお願いします。なお「相互リンク」は管理上お断りさせていただいてます。ご了承ください。
Copyright Notice: All images on this site are © Copyright and remain the property of the photographer "Yukihiro Minami" and other photographers, copyright persons. These images may be downloaded and be used for non-profit personal use. Any other use of these images is strictly forbidden.