JR松前線 / 鉄道がある風景 懐かしの鉄路
Top
←BACK  NEXT→


Page Start 2010.10.2 最終更新日【2011.1.3】
「JR松前線(まつまえせん)
DATA
JR松前線
木古内~松前
最終日1988年1月31日

路線営業キロ:50.8km

木古内 0.0km
森越 5.2km
渡島知内 8.2km
重内 11.3km
湯ノ里 17.0km
千軒 24.2km
渡島福島 33.2km
白符 35.9km
渡島吉岡 38.7km
渡島大沢 45.2km
及部 48.0km
松前 50.8km


《GALLERY》
PHOTO→
TICKET→


解説
北海道江差線と海峡線の分岐駅である木古内から松前までを結ぶ路線で、全長50.8kmとそれなりの距離がある鉄道でした。もともと戦中マンガン鉱採掘のための路線として開発された路線で、戦後1953年に松前までが完成した比較的新しい路線でした。

国鉄赤字路線整理時に二次廃止対象路線になりましたが、赤字路線とはいえ現存する江差線木古内~江差のほうが閑散としており、廃止については賛否両論となっていました。終点の松前は江戸時代に「松前藩」があった城下町で、それなりに大きな町だったのですが、第三セクターにまでしなくても津軽海峡線ができるなら・・ということで、結局はバス転換となってしまいました。

途中、千軒と渡島吉岡に交換設備があり、車両も1~3両での運転が行われていました。函館~松前までの直通運転が主で、江差線列車と木古内で増解結する列車が多かったです。以前には急行「松前」号も運転されていました。

JRになってからは廃止がすでに決まっており、JR北海道発足後わずか10ヶ月での廃止となりました。



想い出

道南地区は18キップ訪問だと青函連絡船が寝床に使えたことから、この松前線も2回訪問しています。松前駅手前の松前城をバックに撮影できるところがあったのですが、撮影する機会がなく、惜しいことをしてしまいました。

このころは駅のスタンプ集めに凝っていたこともあって写真をあまり撮っていません。写真はカネがかかるので節約していたのですが当時の写真を眺めていると、「あの時デジカメがあったならなあ・・」と思うこともしばしばです。


「鉄道がある風景」/RailScape
Copyright ; © Yukihiro Minami, All rights reserved. / 版權所有 不得轉載

当サイトの写真・ページ等の転載、商用でのご使用はご遠慮いただいています。また写真の貸し出し等は理由如何に問わず行っていませんのでご了承ください。リンクはフリーですが、トップページにお願いします。なお「相互リンク」は管理上お断りさせていただいてます。ご了承ください。
Copyright Notice: All images on this site are © Copyright and remain the property of the photographer "Yukihiro Minami" and other photographers, copyright persons. These images may be downloaded and be used for non-profit personal use. Any other use of these images is strictly forbidden.