鉄道がある風景 タイトル

 Thank you for visiting. Started from Oct.18, 1997.  


懐かしの鐵道風景

アイテム:101路線/施設



こだわりの鐵道風景

専用線、貨物専業、
遊戯鉄道、保存施設等

アイテム:77路線/施設



海の向こうの鐵道風景

アイテム:13カ国



日々の備忘録
(トップページ)


過去↓ 
1234567
8910


  過去コンテンツ: What's new!  おまけの一枚
2019.8.18 UP  平成令和スペ:海外冒険中:欧州2 

元号変更にあやかって・・・振り返りスペシャル。第10弾、ウェールズ。

イギリスは連邦国家・・ということで西の端っこのウェールズから。地図ではスパッと南北に国境線がありますが、地形から南北で鉄道はつながってなかったりします。ここ首都カーディフにはロンドンからの優等列車も来ます。写真はファースト・グレート・ウェスタン時代、今はGWRと名乗ってますね。

(写真:カーディフ、2010.2)
同じGWRの枝線用の短編成DC。

カーディフは非電化なのでDCかDL牽引車両だけの運行。

(写真:カーディフ、2010.2)
ウェールズ域内はバス会社のアリバがオペーレター・・・でした。2018.10からは「Transport For Wales」になってます。新しい塗装はまったく違う赤と白の組み合わせ。このアリバ色もいずれ懐かしカラーとなるでしょう。

写真はPacerと呼ばれるレールバスタイプ。カーディフ近郊列車に多用されてます。

(写真:カーディフ、2010.2)
そして貨物列車も多数をカーディフ駅をスルーします。

形式集めならカーディフ駅はお勧めかも。

(写真:カーディフ、2010.2)
さて、変わってこちらはウェールズ北部、カーディフから鉄道移動するにはイングランドに入ってリバプールからでしか入れない。

ここは有名なコンウィの古城をバックに撮れる撮影ポイント。昔は客車がワンさと走っていたようですが、今はこうしたDCがメイン。優等列車のバージンアトランティックだけが過去の栄華を引き継いでます。

(写真:コンウィ、2018.6)
コンウィの撮影ポイントからはスランディドノへ伸びる支線も撮影可能。

写真はSprinterの愛称を持つ150形。旧アリバでの最大勢力も車齢30年目となってきたので更新で延命するか新車導入か、微妙な立ち位置にあると思われます。

(写真:コンウィ、2018.6)
スランディドノへの支線はのどかなローカル線。

複線なんですがそんな本数ないのでいつでも単線化可能。ゴルフ発祥の地?でしたっけ?朝から楽しむ人たちも車窓に映ります。

(写真:スランディドノ、2018.6)
日本での開国後の鉄道コピーはイギリス。なので、こうした腕木式信号もそっくりですね~。

この175形は1990年代導入の、比較的新しいグループ。2両1ユニットと3両1ユニットの2タイプが存在します。

(写真:スランディドノ、2018.6)
そして、ここスランディドノへ来た目的はこいつ、Great Orme Tramway。

見た目トラムですが実はケーブルカー、しかも上部軌道と下部軌道と2ラインで1組。下部軌道がケーブルカーなんですがこのように一部が路面電車となってます。というか、併用軌道はすごいところを走るんですよね。

(写真:スランディドノ、2018.6)
勾配もかなりキツイ!麓から歩きましたがクタクタになりました。。。

もともと架線があったそうなんですが、バッテリー搭載で撤去し御覧の通りすっきりとなってます。

(写真:スランディドノ、2018.6)
途中、交換できる場所があって輸送力を稼いでます。

架線がないんでなんかへんてこりん。

(写真:スランディドノ、2018.6)
こちらは上部軌道。トラムとはいえ、普通のケーブルカーの外観ですね。

すごいのが途中道をまたぐため踏切があること。踏切にロープが残ったままになるんでこれも面白いです。上部軌道にも交換設備があるため、下部と同様の輸送力があります。終点のグレート・オーム・サミットは眺め抜群です。

(写真:グレート・オーム・サミット、2018.6)
2019.6.29 UP  平成令和スペ:海外冒険中:欧州1 

元号変更にあやかって・・・振り返りスペシャル。第9弾、アイルランド。

短時間で回っただけのアイルランド。まだ首都ダブリンだけしか行けてません。こちらは2004年に開業したルアス。観光客にはとても便利。

(写真:ダブリン、2019.4)
郊外は主に専用線を走ります。

高頻度運転で便利がいいからか、利用客はそこそこいます。現在も路線延長の計画が進んでいます。

(写真:ダブリン、2019.4)
かわってこちらはアイルランド国鉄のDART(ダート)と呼ばれる首都圏近郊電車。アメリカ・ダラスの公共交通機関と同じ略称ですが全く別ものです。

写真の8100系はシーメンス製、一度リフォームされ方向幕がLED化されています。

(写真:ダブリン、2019.4)
こちらは8500系、一番新しいグループです。

なんか日本の電車っぽいんですが、それもそのはず、東急車両製だったりします。

(写真:ダブリン、2019.4)
こちらは非電化区間で活躍する29000系。電化区間はダブリン近郊の海沿いの南北だけ。

市内西部や郊外へはこうしたディーゼルカーがメインで走ります。

(写真:ダブリン、2019.4)
首都ダブリンと主要都市を結ぶ列車はインターシティーと呼ばれ、特急列車のような役割をします。現在インターシティーは写真の22000系気動車が多く走ります。

22000系はコミュータトレインとしても使われるマルチ運用となっていて郊外路線で一番よく見かけます。

(写真:ダブリン、2019.4)
こちらはザ・インターシティ、機関車+客車のプッシュプルです。コークからの列車ですがベルファストへの国際列車としても使われます。

ロコは201系、客車はMark4タイプで組まれています。貨物運用は071系ロコがメインもこの201系も運用に就きます。

(写真:ダブリン、2019.4)

「鉄道がある風景」

・当サイトの写真・ページ等の転載、商用でのご使用は一切ご遠慮いただいています。
・写真の貸し出し等は管理できないため理由如何に問わず行っていませんのでご了承ください。
・リンクはフリーですがトップページにお願いします。なお「相互リンク」はメンテナンス上の問題からお断りさせていただいてます。真に申し訳ございませんがご了承願います。
Copyright Notice: All images on this site are © Copyright and remain the property of the photographer "Yukihiro Minami" and other photographers, copyright persons. These images may be downloaded and be used for non-profit personal use. Any other use of these images is strictly forbidden.
MAIL

  Copyright © Yukihiro Minami  All rights reserved. / 版权所有不得转载